メリットデメリット

在宅ワークには以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
人間関係のわずらわしさがない
時間を有効に使える
自分のペースでできる
結果が全て報酬に繋がる
1人でやり抜くので達成感がある
家族の転勤や環境変化に左右されにくい
デメリット
孤独を感じることがある
納期のために休めない
ONとOFFを切り替えにくい
仕事の確保が難しい
仕事の責任が1人にかかる
設備やスケジュールなど自己管理が必須

在宅ワークは難しい?続けにくい?

在宅ワークを続けるポイント

1 タイムマネジメントを意識する

1 タイムマネジメントを意識する

1日の忙しい流れの中にも「何もしていない時間」は存在するはず。
そんな小さな時間を集めて1日の計画(目標)を立てて取り組んでみる・・・
時間は平等に止まることなく流れていき、どんどんなくなります。時間は自分で作り出すもの。
小さな時間のかけらを仕事につなげることを意識していきましょう。

2 仕事スイッチを入れる

2 仕事スイッチを入れる

自宅で仕事をするとついついプライベートとの境界がなくなりがち。
仕事のスイッチを入れる癖をつけましょう。
例えば、仕事の時は髪を束ねたり、スカートをはいたり、机を整頓して向かってみたり・・・
少し工夫して、自宅にいても生活にメリハリをつけて「お仕事モード」「お仕事時間」にスイッチしましょう。

3 がんばった自分に“ごほうび”を

3 がんばった自分に“ごほうび”を

やる気を維持させるには、リラックスする時間も大切です。この仕事が終わったら、「お茶にしよう」「音楽を聴こう」とその後にしたいことを想像してみましょう。
そして最も効果的な“ごほうび”は『達成感』と『報酬』です。
一人でやりきった達成感と自分の収入を自由に使えることは、心も暮らしもハッピーにしてくれます。

 

<<在宅ワークの見つけ方へ URSO!の在宅ワークの仕組みへ>>

ページの先頭へ