内職と雇用の違い

内職

法律 内職は“家内労働”となり「家内労働法」という法律の下、労働環境について守られています。在宅ワークは法律の制限はなく「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」が定められています。
仕事内容 内職は刺繍や編み物・アクセサリー作り・部品の組み立てなど、手作業のものが中心となります。在宅ワークはデータ入力・テープ起こし・ホームページ制作など、情報通信機器を使用したものが中心となります。
収入 内職は「工賃」という扱いになります。
在宅ワークは「報酬」という扱いになります。

雇用

雇用形態 雇用による“会社員”は“労働者”になり「雇用契約」を結びます。
在宅ワークは会社や団体に所属しない“個人事業主”となり「業務請負契約」を結びます。ちなみに「雇用契約」の下、自宅で仕事をするケースは「在宅勤務」と分類され、いわゆる「在宅ワーク」とは異なる業務形態となります。
保障 雇用は雇用主側に“社会保険”“労働保険”など「各種保険の加入」義務があります。
在宅ワークはすべて「自己責任」となるため、労働保険の適用はありません。社会保険についても、自分で国民年金・国民健康保険に加入しなくてはなりません。
収入 雇用は「給与」となります。
在宅ワークは「報酬」となり扱いが異なります。
確定申告 雇用は基本的に不要です。
在宅ワークは必要となります。

 

在宅ワークにおける収入と支出へ>>

ページの先頭へ