くらしの豆知識

あなたの隣りの相続物語 第114回 ~現在戸籍が2ヶ所に!?~

 

掲載日:2018/11/1

‡ 現在戸籍が2ヶ所に!? ‡

 

 

相続手続支援センターパンフレット

Aさんは旦那さん(Bさん)を亡くされ、相談にみえました。

 

Bさん死亡の記載のある戸籍(W市)を確認したところ、離婚した前妻との間の子ども2人がその戸籍に載っていることがわかりました。(親権者は母親の記載有)

 

相続の手続きで、不動産の名義変更登記を行うとなった時、問題が発生しました。

子ども2人の戸籍が、前妻の本籍地(Y市)にも存在していたのです。

 

相続手続支援センターパンフレット

確認したところ、離婚の際、子どもの戸籍の異動を届け出たY市からW市へきちんと通知ができていなかったということでした。

W市とY市のやり取りがうまくできていなかったため、戸籍が2ヶ所にあるという事態になっていました。

 

両市役所に事情を説明し、「W市の戸籍を訂正します。時間が2~3週間かかります」と連絡がありました。

市役所の連絡ミスから手続きをする相続人が、複数の役所に出向く必要があり、通常よりも時間がかかりました。

 

普段、自分の戸籍を目にする機会はほとんどありませんが、戸籍を目にする際は、内容を十分に確認し、間違いがないか確認することも必要です。

 

くらしの豆知識一覧に戻る

ページの先頭へ