くらしの豆知識

あなたの隣りの相続物語 第46回 ~相続手続きは命がけ~

あなたの隣りの相続物語 第46回 ~相続手続きは命がけ~

 

掲載日:2015/9/18

‡相続手続きは命がけ ‡

 

 

相続手続支援センターパンフレット

 

お父様が亡くなられ、相続人は長男、長女、次男の三人でした。

三人の相続人は、いずれも高齢者で、相続財産は不動産、預貯金等約3,000万円ほどでした。

どういう理由なのか、はっきりしませんが、長男は父の一周忌まで相続財産を長男(70歳)が管理し、その後遺産分けしたいという要望でした。

長男は自分の意見を押し通し、長女・次男の意見(早く話し合って遺産分けをしたい)は通らず、相続手続きは置いておく事になりました。

 

そして、一周忌が終わってから数ヶ月後、長男から電話がありました。

「難病にかかって体が動けなくなり、今まで入院していた。無事に退院はしたのだが、体重が20キロも減ってしまう状況で、車の運転もできない。」とのこと。

相続手続支援センターパンフレット

先延ばしをした結果が、このような事になってしまいました。

 

相続人も高齢化している時代だからこそ、期限の決められていない手続でも早くとりかかっていくことが、相続人の皆さんにとっても大切です。

 

くらしの豆知識一覧に戻る

ページの先頭へ