くらしの豆知識

あなたの隣りの相続物語 第29回 ~相続人は堀の中~

 

掲載日:2015/01/23

‡ 相続人は堀の中 ‡

 

 

相続手続支援センターパンフレット

Aさんの相続人は、後妻であるBさんと前妻の子Cさん、Dさんの3名でした。
Bさんからの相談を受け、早速お二人(Cさん、Dさん)に連絡を取ることにしましたが、Dさんの行方が全く分からなかったので、家庭裁判所に「不在者財産管理人」の選任の申し立てをすることにしました。

 

「不在者財産管理人」とは、相続人の中に行方不明者がいる際に、弁護士等に管理人になってもらい、その相続人が相続すべき財産を管理してもらう制度です。

 

「不在者財産管理人」の申し立てがされると、広告をしたり裁判所が職権で調査したりして、不在が事実であることを確認していきます。

 

今回は、その過程でDさんの居場所が判明したため、Dさんに対する「不在者財産管理人」の手続きは進められないとの連絡を受けました。

 

あなたの隣りの相続物語No.29相関図

しかし、Dさんがいたその場所とは・・・?
なんと、堀の中、つまり、服役中だったのです。

 

通常、相続手続を進めるためには、相続人の署名、実印、印鑑証明が必要になります。Dさんには、遺産分割協議書の内容として、法定相続分で分割することの了承は得ていたのですが、服役中なので、必要書類の実印、印鑑証明書は用意できる状態ではありませんでした。 今回の手続には、実印の代わりに拇印、印鑑証明の代わりに「刑務所長による奥書証明」が必要となりました。

 

預貯金については、Dさんの法定相続分を除いて解約しました。Dさんの法定相続分は、銀行側でDさんが出所するまで保管し、出所後に遺産分割協議書とAさんの通帳を持参すれば手続ができるということです。
刑期を終えられたら、Dさんは出金に行かれることでしょう。

 

 

くらしの豆知識一覧に戻る

ページの先頭へ